2020年を振り返る

2020年を振り返る

もはや記憶が曖昧ですが、2020年の振り返り日記です。

2020年の振り返り


1月

年末年始から技術書典8 (コロナで中止になりましたが) に向けて執筆作業をしていました。

2019年末から始めたレアジョブ英会話を最大1日1回(レッスンしない日もあり)コンスタントに受けていました。この頃は英語学習のモチベーションがそこまで高くなくて、この先必要だし勉強するかー程度で何となくやっていました。レアジョブ英会話を選択したのも、会社の福利厚生の一環でビジネスプランで通常よりも少しだけ安く契約できたからです。

英会話 レッスン回数
レアジョブ 21

2月

コロナウイルスがヤベーって話がツイッターやニュースで話題になり始めた頃でした。不特定多数の人が集まる外部の勉強会やイベントなどが急遽キャンセルになり始めたりしましたが、会社の仕事という意味では2月時点では普段通り変わらずに過ごしていたと思います。

そして、技術書典8がコロナの影響で中止になるのが分かると執筆作業のやる気が一気に無くなりました。

英会話 レッスン回数
レアジョブ 26

3月

3月上旬から在宅勤務が本格的にスタートしました。私は仕事の都合もあって、午前中は自宅で仕事をして、午後から会社に行くというスタイルをしばらく続けていました。3月末頃からは緊急事態宣言というキーワードが出てき始め、合わせて4月以降は基本出社禁止という話になり、完全在宅で仕事ができる体制を整えました。

仕事以外では、ソフトウェアエンジニアとしてのスキルを高めるために、競技プログラミング(LeetCode, AtCoder)を始めて、問題を少しずつでも解いたり、コンテストに出るようにしました。最初はEasy問題とかでも全然解けなくて、本当にヤバいなーという感じでした…。

2月に開催予定だった技術書典8が中止になり、代わりにオンラインで技術書典 応援祭が開催され、これに向けて執筆作業をやりました。途中何度も心が折れかけながらも、未完成ながらも2種類の本を出せたので個人的には頑張ったと思います。


英語学習も本格的に本腰を入れて取り組み始めました。

英会話 レッスン回数
レアジョブ 32

4月

ここから完全在宅勤務での仕事がスタートです。仕事で必要なモノを取りに行く, 研修等の会社の必須スケジュールなどの予定を除いて、基本的に今まで出社はしていません。4月から12末までで出社したのは2-3回程度ですね…。

一方、在宅勤務スタートで通勤時間がなくなったことや、昼休みの時間の活用自由度が広がったことなどから、英語学習を本腰を入れて取り組み始めました。英会話レッスンの他にも、みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニングで毎日音読したり、コーパス口頭英作文の英作文を暗唱したりしていました。


みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)

コーパス口頭英作文 (CD BOOK)
英会話 レッスン回数
レアジョブ 39

5月

GWもずっと自宅にいたので、FF 7 REMAKEをやっていました。支給される特別定額給付金(1人あたり10万円)は経済を回すためにも使わないとダメだし、自宅の仕事環境を快適なものにするという目的から、IKEAの昇降デスクを購入しました。現在は69,990円で販売されていますが、当時は8万円台だった記憶があります…。

仕事では、英語頑張って海外カンファレンスのCfPを提出しました。


英会話 レッスン回数
レアジョブ 49

6月

仕事もそれほど忙しいとかはなくて、プライベートな時間ではLeetCodeの問題をコンスタントに解いていた気がします。


英会話 レッスン回数
レアジョブ 44

7月

何番目だよって感じですが、RISC-V CPUとRust言語の勉強を兼ねて、RustでRISC-Vエミュレータを作り始めました。

英語学習では、会社の研修の一環でBizmatesを会社負担で受講できるようになったので、折角なので受け始めてみました。Bizmatesは朝イチ、レアジョブは夜2回(いつもお願いしている講師のスケジュールにも依る)という感じでやっていました。

英会話 レッスン回数
レアジョブ 39
Bizmates 14

8月

仕事以外ではRISC-Vエミュレータばっかりやっていた気がします。xv6 OSなどもこの頃には動いていた気がします。

英語学習については、1日に何回もレッスンを受講出来て、評判も良かったNativeCampを受講し始めました。というのも、レアジョブ英会話は会社経由での契約でコースが全て選べるという訳ではなくて1日1回までしか受講できず(それ以上受講するなら追加チケットの購入が必要でずっとチケット購入して受けていたけど、金銭面で1日2程度が限界だった)、英語力を伸ばすにはもっと英語に触れる時間を伸ばす必要があるかなと思ったためです。実際、NativeCampを受け始めて見ると、Webのシステムが使いやすくて今どきなUIだったり、用意されている教材が豊富で質も良かった、さらには講師の数が多くてかつランキングや評価が分かるので良い講師の人を選び易いなど、他のインターネット英会話に比べると結構良いなと思いました。

英会話 レッスン回数
レアジョブ 43
Bizmates 22
NativeCamp 1

9月

RISC-VエミュレータはLinuxがブートするところまでやって、ここで一旦休憩に入りました。

英語学習は、NativeCampが良かったのと英語学習に熱が入っていたので無茶苦茶英語ばっかりやってた気がします。そしてレアジョブはここで契約解除しました。ただ、レアジョブでは同じ講師の人にずっと教えてもらっていたので、辞める時は結構辛かったです。

英会話 レッスン回数
レアジョブ 17
Bizmates 24
NativeCamp 117

技術書典9では、新書を2つ出しました。結構頑張ったと思います。


10月

海外カンファレンスで発表してそこそこ反応があって良い経験になりました。

英語学習は、Bizmatesの教材がビジネス英会話に特化していて、内容的にもエンジニアには辛い(営業とかの話が出てくる)のと、講師の質も高品質というには程遠いと感じていて、このまま受け続けることに疑問を感じ始めたので、徐々に受けるのを辞めてNativeCamp一本に注力し始めました。

英会話 レッスン回数
Bizmates 9
NativeCamp 133

11月

仕事やりつつ、競技プログラミングの勉強を結構やった気がします。その傍ら、鬼滅の刃にどハマりしてNetflixでテレビアニメ全話を見たと続きが気になって、コミック本を全巻買い揃えてコンプリートしました。


英会話 レッスン回数
NativeCamp 88

12月

今年はあまり出来ていなかった、個人開発しているAndroidアプリをまとめて更新したりしました。

技術書典10では、書こうと思っていた新書が全然間に合わなくて、今回は既書の改訂版であるFlutter アーキテクチャ ガイド (第2版)を出しました。


英会話 レッスン回数
NativeCamp 85

2020年の記事投稿記録


Qiita

37本の記事を投稿しました。


Medium

14本の記事を投稿しました。


2020年の英語学習時間


以下以外にも音読や文法の勉強、Netflix視聴など色々やりましたが、記録に明確に残っているインターネット英会話だけで335時間程度で、こう見るとまだ全然たりてないなぁーと反省しています。来年は1日平均2時間できるように頑張りたいです。

英会話 レッスン回数 時間[H]
レアジョブ 310 129.2
Bizmates 69 28.8
NativeCamp 423 176.3

LeetCodeで解いた問題数


338問解きました。前半はEasy問題を中心に解きつつアルゴリズムやデータ構造の復習をやって、Easy問題に慣れてきたかなというところで後半からはMedium問題を解くようにしました。

./leetcode-2020-solved.png

日記 

See also