RISC-V Toolchainのインストール手順

RISC-V Toolchainのインストール手順

/images/riscv.png

1. はじめに


RISC-Vプロセッサ向けのToolchain (クロスコンパイラ) のインストール手順を解説します。 対象OSはmacOSですが、基本的にLinux (Ubuntuなど) でも同じ手順です。


2. インストール手順


必要なパッケージのインストール

$ brew install python3 gawk gnu-sed gmp mpfr libmpc isl zlib expat

Toolchainのビルドとインストール

makeコマンドを実行することで、インストールまで実行されます。 また、git cloneにも結構な時間を要します。ビルドも同様です。。

configureprefixオプションには、インストール先のパスを指定します。

$ git clone --recursive https://github.com/riscv/riscv-gnu-toolchain
$ cd riscv-gnu-toolchain
$ ./configure --prefix=/opt/riscv
$ sudo make

PATH追加

$export PATH=$PATH:/opt/riscv/bin

3. 動作確認


$ /opt/riscv/bin/riscv64-unknown-elf-gcc --version
riscv64-unknown-elf-gcc (GCC) 10.1.0
Copyright (C) 2020 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

4. 参考文献


RISC-V 

See also